中絶手術の流れ

中絶手術の流れ

当院の中絶手術は予約制ですが、事前診療や術後の検診、診察は予約制ではありません。初診の際は、午前午後ともに終了時刻の40分前までの受付をお願いしています。

Step1ご来院

保険証を持参してご来院ください。お薬手帳をお持ちの場合は、そちらもご持参ください。お薬手帳が見つからない場合は、お薬をそのままお持ちいただいても大丈夫です。
諸事情により、来院日当日に手術を希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

Step2診療

診療 まずは妊娠の有無を判断する検査を行います。尿検査、エコー検査、内診などで妊娠の有無や状態を診断をします。
中絶手術をご希望の場合には、初診時に手術前検査である血液検査を行って手術日をご相談して決定します。手術内容や注意点についてわかりやすくご説明し、手術日に必要になる同意書などの書類をお渡しして記入などについてもお伝えしています。
妊娠の継続に迷いがある場合でも、まずは妊娠の有無や状態をしっかり調べる必要がありますので早めにいらしてください。妊娠の継続や中絶手術に関する具体的な説明、お身体の状態やリスク、必要になることなどを産婦人科専門医としてわかりやすくお伝えしています。手術するかどうかをその場で決める必要はありませんし、疑問や不安なことがありましたら遠慮せずなんでもお尋ねください。

Step3手術前日

麻酔の安全性を確保するために、手術の前日夜11時以降の飲食は禁止です。普段、薬を服用されている場合は、事前診療の指示に従って休薬、あるいは服薬してください。
なお、手術後は検診で医師のOKが出るまでバスタブに浸かる入浴ができません。シャワーだけでは物足りないという方は、前日夜にバスタブに浸かっておくことをおすすめしています。

Step4手術当日

食事をせずに、ご予約時間の少し前にいらしてください。飲水は大丈夫です。
前処置が必要な場合は、手術の2時間ほど前にご来院いただきます。
手術直前になったら、麻酔準備のために注射と点滴を行います。

ご来院時の持ち物
  • 保険証
  • 同意書(署名・捺印のあるもの)
  • 夜用ナプキン数枚
  • ショーツ

Step5手術

手術室で点滴から麻酔薬を注入します。10数える程度でウトウトして眠り、目覚めるのは手術終了後で、手術中の痛みはありません。
手術中は脈拍や血圧、呼吸状態、心電図などを常時確認して全身状態を厳しくチェックしながら麻酔をコントロールします。
吸引法で子宮の内容物をきれいに除去します。処置の所要時間は5~10分程度です。

※手術中は血液の酸素濃度を測るため、手の爪に器具を装着します。付け爪やマニキュアをしている方は事前にとっておいてください。取らなくても大丈夫な場合もあるので、事前にご相談ください。

Step6手術後

手術後 手術が終わったら、病室にて回復するまでお休みいただきます。回復後は再度診察を行い、特に問題がなければそのままお会計をして帰宅となります。抗生剤と必要な場合は子宮収縮剤を処方いたしますので、ご自宅で服用してください。

Step7帰宅後

当日から翌日は安静に過ごしてください。処方された薬は医師の指示通りに必ず服用してください。
手術後は、数日間にわたって少量の出血があって、出血は時間経過によって徐々に減っていきます。出血量が多い、出血が長く続く、痛みが続く場合にはできるだけ早くご相談ください。

注意点

お仕事

デスクワーク程度あれば、翌日から可能ですが、できれば翌日も安静にしてください。腹圧かかる力仕事は3日程避けてください。

入浴

術後1週間前後は湯舟につかる入浴は避けてください。シャワーは可能です。

運動

軽い運動は1週間、スポーツや激しい運動は3週間ほど避けてください。

アルコール

出血があるうちは控えてください。

Step8再診

手術を受けてから1~2週間後の間に一度ご来院して頂きます。出血の程度や子宮の状態を確認いたします。特に問題がないようでしたら、終了です。わからないことや気になることがあれば、お気軽にお尋ねください。

045-314-3300 お問い合わせ
一番上に戻る
045-314-3300
お問い合わせ